目 次

三井不動産、銀座エリアスタイルのフリー誌「GINZANIA」創刊

銀座エリアで積極的な事業展開を進める三井不動産(中央区)とスターツ出版(中央区)は、9月13日にオープンを迎えた商業テナントビル「GINZA gCUBE(ギンザ ジーキューブ)」(中央区銀座7)の開業を機に、メトロミニッツ特別増刊号として銀座エリアスタイルマガジン「GINZANIA(ギンザニア)を同23日に発刊した。

 同誌は銀座の情報誌としての側面と、「街と人」「人と人」の新たなコミュニケーション装置となるエリアコミュニケーション誌という側面を持ち備えた雑誌を目指し、「ヒト」「伝統」「カルチャー」「食」「ファッション」について紹介する。創刊号では、同商業テナントビルに出店し話題を集めるファッションブランド「H&M」、銀座の老舗名店、中国人観光客の好きな銀座などを特集。

 サイズはA4版でオールカラー36ページ。発行部数は15万部。53の東京メトロ駅の改札周辺や地下通路に設置する160のメトロマガジン専用ラックに設置するほか、銀座を中心とした三井不動産の商業施設で配布する。

 「GINZANIA」という名称は「GINZA」、ラテン語で「楽しい」を意味する「ZANI(ザニイ)」、「〜の国」の意味を持つ「ANIA(アニア)」の3語を合成した造語。「銀座を『ひとつの国』ととらえ、『GINZANIA』には『銀座は大人のための理想郷』」という意味を込める」(同社)。

 共同発行を手がけるスターツ出版担当者は「読者の声はまだこちらには届いていないが、各方面でお問い合わせをいただいているよう。手応えを感じる」と話す。
posted by ケンタロー at 12:08 | Comment(75) | TrackBack(0) | 宅建 不動産

三井不動産、銀座エリアスタイルのフリー誌「GINZANIA」創刊

銀座エリアで積極的な事業展開を進める三井不動産(中央区)とスターツ出版(中央区)は、9月13日にオープンを迎えた商業テナントビル「GINZA gCUBE(ギンザ ジーキューブ)」(中央区銀座7)の開業を機に、メトロミニッツ特別増刊号として銀座エリアスタイルマガジン「GINZANIA(ギンザニア)を同23日に発刊した。

 同誌は銀座の情報誌としての側面と、「街と人」「人と人」の新たなコミュニケーション装置となるエリアコミュニケーション誌という側面を持ち備えた雑誌を目指し、「ヒト」「伝統」「カルチャー」「食」「ファッション」について紹介する。創刊号では、同商業テナントビルに出店し話題を集めるファッションブランド「H&M」、銀座の老舗名店、中国人観光客の好きな銀座などを特集。

 サイズはA4版でオールカラー36ページ。発行部数は15万部。53の東京メトロ駅の改札周辺や地下通路に設置する160のメトロマガジン専用ラックに設置するほか、銀座を中心とした三井不動産の商業施設で配布する。

 「GINZANIA」という名称は「GINZA」、ラテン語で「楽しい」を意味する「ZANI(ザニイ)」、「〜の国」の意味を持つ「ANIA(アニア)」の3語を合成した造語。「銀座を『ひとつの国』ととらえ、『GINZANIA』には『銀座は大人のための理想郷』」という意味を込める」(同社)。

 共同発行を手がけるスターツ出版担当者は「読者の声はまだこちらには届いていないが、各方面でお問い合わせをいただいているよう。手応えを感じる」と話す。
posted by ケンタロー at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建 不動産

アパマンショップ 加盟店様向け研修プログラム「賃貸学校」 2006年1月からのお申し込みが1000人を突破

宅建 に関する Google ニュース アラート

アパマンショップ 加盟店様向け研修プログラム「賃貸学校」 2006年1月からのお申し込みが1000人を突破
News2UNet (プレスリリース)
独自開発の訪問研修・体験研修・集合研修のほか、ホスピタリティを学ぶ外部オプショナル研修(実施例:東京ディズニーランド・リッツカールトンなど)や、E-ラーニングを取り入れた宅建講座、顧客視点調査など、様々な形態の研修プログラムを用意しています。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する


posted by ケンタロー at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建 不動産

ミサワホーム、地図から探せる不動産物件検索サイトを開設

ミサワホームは2008年7月24日、Webサイト上の地図で不動産物件を検索できる新サイト「Sumica map(スミカ マップ) 不動産」を自社サイト内に開設したと発表した。都道府県別に土地分譲や新築分譲などの不動産物件を集約して、一覧表示できる。

 2007年7月に開設した住宅展示場やイベント会場情報を地図上に一覧表示できる「住宅情報地図 Sumica map」へのアクセスが好調なため、不動産物件についても同様のサービスを提供できるようにした。

 トップページの全国地図から全国9エリアや都道府県をクリックすると、その地域の不動産物件が地図上に一覧表示される。詳細情報は、地図上にある物件の目印フラッグをクリックして確認する。周辺の学校、幼稚園、病院、商業施設などの生活情報の同時表示も可能。

 駅や学校などから近い順に物件を並べ替えて表示する機能や、価格帯や敷地面積からの絞り込み検索機能、複数の希望物件を選んで一括資料請求する機能もある。転居に伴う住宅売却の相談コーナーも設置した。

posted by ケンタロー at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建 不動産

ローンスター、日本で不動産融資を開始へ

ローンスター[LS.UL]が、日本で不動産融資を開始することが明らかになった。複数の関係筋によると、同社はスター・ファイナンス(東京都港区)という別会社を通じ、不動産投資を行う買い手にメザニンローンを提供するという。

 複数の関係筋によると、ローンスターは、元モルガン・スタンレー証券(日本)で不動産の証券化業務を手がけていたマイケル・グリフィン氏を融資業務の中核に据えた。

 日本の不動産ファンド運営会社のなかには、物件売却に動くところが増える一方、サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題に関連して買い手が資金を引き上げていることもあり、売却金額が低迷。このため思うほどの高値で物件が売却できず、資金繰り計画が滞るところもでている。

 18日に民事再生手続き開始を申請、受理されたゼファー(8882.T: 株価, ニュース, レポート)の場合、物件売却が思うように進まず、資金繰りがひっ迫した子会社(近藤産業)が破産。のちに同子会社の整理損失(約143億円)を計上したゼファーも自己資本が毀(き)損し、担保価値の低下なども相まって資金繰りに行き詰まった。

 一方で、豪大手銀行マッコーリー(MQG.AX: 株価, 企業情報, レポート)傘下のプライベートエクイティ不動産投資ファンドのMGPAやINGリアルエステートは、日本の不動産投資のためのファンドを立ち上げる意向を示すなど、日本への投資妙味は大きいと判断する会社もでている。

posted by ケンタロー at 18:12 | 宅建 不動産