目 次

5.やらないとどうなる?

宅地建物取引主任者資格」=「宅建」は
意外と「比較的とりやすい」ように思われているようです。
実際に受けようとしている人はそうでもないかもしれません。
ここに来られた中には何度も落ちている人も少なくないはずです。

なぜなら、「宅建」の合格率は15%程度です。
100人受験したら15人くらいしか合格できないのです。


中には職場からの指示で資格をとるようにと
言われた方も少なくないでしょう。

受験にかけた費用と努力を無駄にできますか?

不動産の会社では、宅建の資格を持っていれば、
資格手当てとして、月3万円〜5万円くらいくれる会社があります。
1年間で36万円〜60万円です。
年収がこれだけ上がります。

宅建」は1度資格を取れば、生涯なくなる事はありません。
でも、落ちてしまったら資格はとれないのです。
「合格」か「不合格」か。1年に1回限り、どちらかです。

もう1年、頑張らなければならないのは大変です。
法律や制度が急激に変る時代でもあり、
去年やった勉強が水の泡になってしまう事もあります。


笑い事ではないですよね。
1問の正否が人生を決めるのです。
あなたは、大丈夫ですか?

自分で自分の身は守る時代です。
ボヤボヤしてたら、手遅れになってしまいますよ。

私も苦労は知っていますから、
私にお役に立てる事があればお手伝いしますよ。
お気軽にご質問下さい。↓(*^^*)





本気で考えているのでしたら、こちらを購入した方が
手っ取り早いです。
価格以上の価値はありますし、返金保証もついています。

次項有 受験のカリスマ矢野準也の「宅建超高速勉強術」


次回は私からあなたへ、メッセージがございます。
資格試験にチャレンジした仲間として
よろしければ話を聞いていただけるとうれしいです。



続きはこちら









posted by ケンタロー at 18:33 | 宅建勉強術 レビュー